2004年1月の日記


1月31日(土)  botanical garden


久しぶりに東山植物園に行ってきました。
一年中で、一番花の少ない時なのでとても空いていました。

でも、温室では熱帯の花がたくさん咲いていたし、広い園内は手入れがよくされていてのんびり散歩するには絶好の場所でした。

動物園にも行けて入園料500円は破格の安さです。
季節ごとに行きたいと思いました。

星が丘テラスに寄って帰りました。

写真はこの時期にひっそりと咲く蝋梅です。



1月29日(木)  work out


携帯で撮った写真なのですごくボケてますが、ここが毎日せっせと寄っているフィットネスクラブです。
これはエアロバイク等のマシン。
筋トレのマシンがこの左にいろいろあって、前後に二つのスタジオがあります。
8コースのプールもあります。

自分に合ったプログラム=ヨガとかエアロビクスの簡単なもの・・があるときはスタジオで頑張ってます。
時間の合わない時はマシン使っています。

毎日通って体を動かしているせいか、ジムが休みの日は体がなんだか気持ち悪くなります。
もうっ、汗をかかないといられない体になってしまいましたわ_^;
床にポタリと汗が落ちると快感を覚える・・・変でしょ。



1月27日(火)  2 dogs in cages


リティ蘭、ワンコ美容室に行ってきました(^.^)
いつもはシャンプーカットがすんだらすぐ帰れるように、一匹ずつ順番に連れて行くのですが、その時間にいけないので2匹いっぺんに連れて行きました。

待ってる間、檻に入れられてて寂しくないかな、と心配してましたが、迎えに行ったら元気そうに出てきました。
・・・ワンコだから「寂しかったよ〜」なんて言えないしね・・・。
でも、私が思ってるほど檻の中にいることは苦じゃないのかもしれない。
2匹を順番に連れて行くよりも短い時間でできたし、私も送迎が一度ですんで楽でした。

家族に対しても、友人などに対してもそういう場合ってあります。
「自分だったらこうしてほしいから」「自分だっらこうされたくないから」
ということは大前提としてはっきりわかる事柄もあるけれど、小さなことでは個人差があって私の思う「こうして欲しい、して欲しくない」と相手のそれとは違っているのかもしれない。
何十年生きててもそういうところで迷うことは多いし、夫婦間でさえずれていることはあると思います。

まだまだ修行が足りないと思う今日この頃。

リティ蘭はすっきりしました。
こんな時期なのに「短め」でお願いしたのでちょっと寒いかな。
リティは毛が薄くなってきた感じがします。
フリース、着せます!



1月23日(金)  get slim


毎日ジムに通って汗をかいていたせいか、息子のセンター試験の時の気疲れか、な、なんと2キロ痩せました。
今まで急に上昇したことはあっても減ったことなんてありません。
5年前の体重になりました。

自分でもあごの線が2度くらいシャープになった気がするし、パンツもウエストがゆるくなった気がします。
でも、痩せたね、と言われたこともなく、自ら「痩せたんだよ!」といっても「えっ、ホント?」と言われてしまいます。
見た目にはわからないみたいです。

こんな厚着の時に痩せるなんて。。。
どうせすぐ戻り、薄着になるころにはもっとふっくらしていることでしょう。
悔しい・・。残念だわ。



1月20日(火)  single hand


夜、私がゴロゴロしているとすかさず2匹がいそいそとやってきます。
蘭が私の手のそばに来て、「お手」をします。
ナデナデしてもらいたいのね。
リティも、もう片方の手の前で待っています。

私は両ききなので、左右平等になでてあげられます。
2匹とも幸せそう。
あ〜、手が2本あって良かったな〜、と思うひとときです。


突然ですが・・・
『結婚に両手はない』
というのが、私の持論。
本当は『結婚』を『恋愛』に置き換えてもいいけれど、シビアすぎるかな。

妻や恋人以外の人を愛することはありえるとは思うけれど、それを両手に握り締めて両方とも離したがらないのは、おもちゃ屋さんでの子供と同じだと思う。
まず、ひとつを手から離してから、もう一方を掴みましょう。

『たった一人の人を幸せにできない人がもう一人を幸せになんかできない。』


犬の話から飛躍してしまった、ほよ〜。





1月19日(月)  born to love you


先週クレームをつけたにもかかわらず、月9の『プライド』を見ています。
オープニングのクィーンの『born to love you』をネットをしながらうっとり聴いています。

♪I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you
Every single day of my life♪

こんなこと言われてみたい・・・。

クイーンの曲を聴いていつも思い出すのは高校の時同級生だった『エリ』です。
彼女はクィーンのボーカル、フレディマーキュリーの大ファンで、学校にけばけばしくてフレディが舌をチロチロさせているレコードジャケットを学校に持ってくるのです。
「ねっ、かっこいいでしょ。」と言われても何と答えていいものやら。
ちょうどクィーンが来日して、学校の近くで公演があったのですが、エリは興奮状態でセーラー服のまま駆けつけていました。
今思うと私も行けば良かったなぁ。
後から聞いたらぱぱも行ってたらしいし・・・その頃は出会ってなかったけど。

『ミホ』はビートルズのジョージハリスンの大ファンでした。
高校生にしては渋すぎる!!!
いつも電車の中でジョージの話を聞かされていました。

そういえば二人とも英語がすごく良くできました。
なんに関しても上達にはこういうのがいい動機じゃないかな。



1月18日(日)  severe days


びよびよ画面のテレビが直りました(⌒▽⌒)
外部の線の接続部分を換えたら良くなりました。
工事の人に、どうして暖かい時間には綺麗で寒い時はびよびよなのかを聞いたら「機誡は暖かいと調子がいいし、電波も暖かい日の方がよく流れる」そうです。
なるほど。。。。


昨日、今日は息子のセンター試験でした。
昨日の朝は起きてすぐ、大きな雪が降り出し、ありゃ〜と思いましたが、全国的にも大きな混乱はなかったようです。
日頃あまり母親らしくない私ですが、この数日間は体調を崩したりしないように食事等に気をつけ、当日は遅刻をしないようにと何度も目が覚めました。
今朝、息子が出かけていったときは、試験が終わってないのにかかわらずほっとしました。
母親としての領分はここまで。
2日間、無事受験できただけで、「母親のセンター試験」は合格圏内です。
ボーダーライン、低すぎ?


この2日間熱を出したのは、ぱぱです。
熱があるのに、ジムに行き、私の夕食の買い物まで付き合い、夜には38.5℃ありました。
無理しちゃだめです。



1月15日(木)  in the cold night


午後、ジムに行ったというのに、ぱぱが夜ジム行ったのでついふらふらと一緒についていってしまった。
一日二回はやっぱりキツイです。体がだるくて何もできません。

テレビ画面はまだびよびよです。時々白黒になってしまいます。
朝と夜、寒い時に映りが悪くて、昼間はとても綺麗に見えます。
寒い日は夕方早めにびよびよになります。
テレビの映りと寒さに相関関係ってあるのでしょうか。

今日、芥川賞と直木賞の発表がありました。
江國香織さん、おめでとう。
ニュースでインタビューを楽しみにしていたけれど、なかったわ。
史上最年少、19歳と20歳の芥川受賞者が脚光を浴びてたから。
綿矢りさの「蹴りたい背中」は先月読みました。
BOOKSのコーナーの11月〜に書評を載せましたが、これが芥川賞というのはどうかな。審査員評もチェックしなくちゃ。
10代の感性というのは特別なものだけれど、まだまだ、という気がしました。
大きな賞がプレッシャーにならないでこれから伸びていくといいな。


そういえば、つんくのハロモニプロジェクトの新しいグループの子たちの平均年齢が10歳ちょっとなんだって。
平均寿命が長くなっているのに、早くから脚光を浴びるのってその後がなかなかキツイと思うのだけど。
それに、「大人」の鑑賞に堪えられるものがもっとあってもいいのだけれど。
10歳の子の歌と踊りを見なくちゃいけないかと思うとちょっとつらい・・子供か孫だと思えばいい?・・・・余計つらすぎ????



1月13日(火)  TV buff


最近テレビの画面がビヨビヨでとても見にくいです。
それも、朝と夜だけで、昼間はとても綺麗に見えるのです。
寒いと電波が届かなくなるの?夜から朝まで妨害電波がでてるの?
電気屋さんに来てもらって屋外の古いコードを交換してもらっただけれど変わりません。

そんな中、新番組をちょっとだけチェック。
NHKの『新撰組』
三谷幸喜のファンだし大河もひさしぶりに見てみよう、と思って。
歴史小説は読まないしそのあたりのことに詳しくないので、残念ながらよくわからない(T_T)
三谷さん風の小ネタはちょっと笑いました。

月9の『プライド』
ストーリーもわかりやすかったし、竹内結子ちゃんも可愛かった。
キムタク・・・わかりやすいカッコよさだ・・・あいかわらず。
多分、あんな感じの男性がモテルんだろう・・・。
でも、キムタクより三谷幸喜の方が魅力的に見える私には、「ふ〜ん」って感じでした。
私に「ふ〜ん」と言われるキムタクこそいい迷惑なんだけど。
QUEENの曲いいよね。
古い曲が最近よく流れていて、懐かしさでいっぱいになります。



1月12日(月)  book worm


連休最後の日。
朝、ジムに行って、リティ蘭のシャンプーブローをして、後はずっと読書していました。

写真右の本は90歳の新藤兼人監督と95歳の吉行あぐりさんの対談です。
このお二人はすごいです。老人とはいえない。
一人暮らしだし、まだ仕事をしています。
印象に残ったのは、あぐりさんの「氷が溶けるように死にたい」という言葉と、
新藤監督の「僕には神も仏もない。自分だけを恃(たの)んで生きている」
「死んだ人を思い出すということはその人が心に中で生きている、ということ」という言葉です。
結局、どんな年齢においても「今を生ききる」というのが大事なんだなーと思った一冊でした。

左は家庭画報インターナショナル版です。
家庭画報は写真がとても綺麗でいつも感動します。
でも、重いし高いし、普通のは買ったことがありません。(一番好きなラーメン店「めん吉」に置いてあるので待ってる間に読むのが楽しみなのです)
インターナショナル版は主に日本の美を扱っているので特に写真が綺麗です。
それに今回は「禅」を扱っていたので興味深かった。



去年は大体3日に一冊くらいの割合で読んでたけれど、今月はもう10冊近く読んでます。
活字中毒は間違いないのですが、他のことしなくちゃねぇ。




1月11日(日)  good Sunday


朝、ジムに行ってワークアウトして、シャワーを浴びて髪を洗って・・・。
そうするとその後シャキっとして、一日中体がぽかぽかしています。

お昼は去年の「ラーメン店癸押廚忙笋勝手に選んだ『一徳』(名古屋西区)に行ってきました。
やっぱり飛び抜けて美味しいです。
透き通ったスープにこのコク!!
遅めに行ったらすぐ後で売り切れになってました。美味しい店はみんなわかってる。


その後、私は本屋さん、ぱぱはレコード屋さんに行きたかったので、栄に行きました。
松阪屋、パルコあたりに行くつもりでしたが、ちょうどバーゲンシーズンですごい人でした。
車も停められないし、人ごみは苦手なので、あきらめました。
以前はバーゲンは必ず初日にはりきってあちこち行ってたのにな。
年々物欲がなくなります^_^;

スタバとらくだ書店に寄ってから帰りました。
今日は風が強い日でしたが、帰りには木曽の雪を被った山々がはっきり見えました。

写真は昨日、ナチュラル村の喫茶室の2階から見た景色です。



1月10日(土)  calm sea


「冬の海」を見に、知多半島に行ってきました。
風もなく、海は穏やかでキラキラ光って「春の海」といった感じでした。

まるは食堂で海の幸をお腹いっぱい食べ、野菜やわかめをたくさん買って帰りました。




1月9日(金)  about Run


病気知らずの蘭ちゃんが元旦、2日と続けて吐いたので心配でした。
それも食べてすぐ全部戻してしまいます。
吐いたものは、噛んでないみたいでそのままの形でした。
いつも、急いで食べて、リティの後ろに行き、リティがこぼさないか、残さないかじっと見てるのです。
いやしい〜。
それで、先日から半生タイプのフードに替えてみました。
今のところそれから吐いていないので効果はでているのかな。
しばらく続けてまた元の乾燥タイプに戻したいな、と思っています。

蘭は年々怖がりになってきます。
一歳までは、怖いものなし!だったのに、今はちょっと工事の音などが聞こえると散歩中動かなくなってしまいます。
今日、ウチにテレビの工事のおじさんが来たら、その物音でずっと震えていました。
その点、リティはあまり怖がりではなくなってきました。
ひょっとして、少しずつ耳が遠くなっているのかもしれませんが。
りっちゃん、悠々とした、老人犬になってください。
蘭ちゃんには、怖がりキャラは似合わないけどな〜。



1月6日(火)  new hair style


まず最初に『美味しいラーメン探し隊』活動報告から。
4日に行ってきたのは『たくみ屋』
私が頼んだのはラーメン(600円)
ぱぱは辛味噌ラーメン(850円)
私のはトッピングはチャーシュー、玉子、海苔、メンマ、ネギ、正月だからか梅模様のかまぼこでした。
スープは塩しょうゆで、透き通っていて綺麗でした。
私にとって、この透き通り具合はラーメン店の合不合格を決める大事なポイントです。
その意味では充分合格で、コクもしっかりありました。
でも、チャーシューは小さいのが一個だけだったし、メンマは太くて噛み切れないのが一切れだけだったし、その点が不満でした。
ぱぱの辛味噌ラーメンはなかなか美味しかったそうです。
ここは味噌系が得意なのかな?

ラーメン専門 たくみ屋
春日井市熊野町629
筍娃毅僑検檻牽粥檻械隠牽


さて、話は変わって・・・・
お正月早々、美容院に行ってきました。
最近ジムに凝ってる私。汗をかいたりシャワーを浴びたりしたとき、髪が濡れてグチャグチャになるのが気になってたんですよね。
で、美容院に行って「髪が濡れてもそのままで大丈夫な髪型にしてください」と頼んだら、ユンソナ似のキップのよさそうなお姉さんが、思い切りガンガン私の髪を切り始めました。
フーム・・・・。
ウチへ帰って鏡を見たら、『林真理子』そっくりでした。(林さんの本は好きですし、最近とても綺麗になられました^_^;)
ぱぱは見るなり・・・「あっ、あの人の髪型に似てる・・・hitomi!」
ぱぱぁ、ありがとう・・・感涙・・・と思ってたら・・・
「あっ、あの人にも似てる・・・ウッチャンと出てる慶応出身の人」
それって・・・ふかわりょう?
がーん!!!!
確かに、ヘルメットみたいな髪型です。
手入れが楽で、見た目がいい、なんて都合のいいことってないのねぇ。



1月4日(日)  Here we go


今日でお正月休みも終わりです。
本当にのんびりした休日でした。
初詣には市内の『密蔵院』というお寺に行きました。(写真)
とても静かでなんとなく自分たちのお正月に合っている気がしました。

2日の夜には、高校の時の同級生との新年会がありました。
今は校長となった、担任の先生の話を真面目に聞く私たち。
今でも緊張しますが、やはり先生からいただける言葉はありがたいです。
そして同級生は皆、働き盛りだったり、子育て真っ最中だったりします。
私だけぼんやり過ごしているようでちょっと恥ずかしい気がしました。


それから・・・毎日ぱぱとジムに通っていました。
ジム通いも一年続けられればいいなと思います。


明日からは仕事も始まり、本当の一年の始まりのような気がします。
毎日、何に出会って、何ができるか・・・自分自身にもわくわくしたいと思っています。



1月1日(木)  A happy new year


あけましておめでとうございます。
元旦なのに、向かいのショッピングセンターは朝9時からオープンしていました。
私も普段とあまり変わらない日を過ごしています。

TOPの写真、背景はちょうどぴったり一年前、オーストラリアからの帰りに飛行機の上から撮ったものです。
でも、ホントはこれは夕陽^_^;
朝日に見えるかな〜。


朝日を浴びているように、毎日がキラキラ光って新鮮に感じられるといいな。
いい時も悪い時もあるけれど、落ち込みながらも、振り切って前に進める力を持っていたいと思います。
体力もつけるぞ〜。


今年もどうぞよろしくお願いします。
皆さんにとっても充実したいい年になりますように。





 OR AND

[TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 1.10