2004年2月の日記


2月29日(日)  Rainy days and Sundays


雨の日曜です。

ぱぱは仕事だし、ゆっくり家事をして新聞を読んで、時がゆっくり流れます。
でも、PCの前でお気に入りのサイトに行ったついでに他のところへもふらふらネットサーフィンをしているとすぐ時間が経ってしまいます。
ネットSHOPを見るのも楽しい。
さっきも可愛いペタンコ靴を見つけてしまいました。
身長150センチの私はめったにペタンコ靴ははきません。
特にぱぱと付き合い始めてからは、ぱぱが背が高いのでますます履けなくなってしまいました

でも、そろそろそんなこときにしなくていいんじゃないか。
ペタンコ靴でスタスタ歩いたっていいんじゃないかって思い始めています。

ずーっと昔『小さな恋の物語』っていう漫画があって、すごく小さな女の子チッチがのっぽの恋人サリーに向かって「サリーは空に近くていいな〜」っていうとサリーが「でもチッチは地面の花に近くてすぐ見つけられる」っていうシーンがありました。
時々、信号待ちをしているときに縁石に乗って、隣のぱぱと背比べをして、(あー、ぱぱはこんな風に景色を見てるんだ。世界が変わるな〜)なんてまわりを眺めたりしています。



ところで今日は29日。
全ての人に与えられた4年に一度の余分の日。
この日をやりたかったこと等に費やすか、私みたいにぼうっと過ごしているかでその人の生き方がわかる・・・なんてことはないよね。



2月27日(金)  good sleep


本当はいけないことなんですけど・・・
リティ蘭は私たちのベッドで寝ています。
(といってもぱぱとはダブルベッドで寝ているわけではありません。セミダブルとシングルベッドをくっつけています。同じマット、布団では絶対眠れない!・・・どーでもいい話だけど)
お散歩の時などはリティとぱぱ、私と蘭の組み合わせですが、寝るときはぱぱと蘭、リティと私の組み合わせです。

蘭は足の方までもぐって寝るタイプで、リティは私の腕枕で寝ています。

寒い時は絶対必要!
それになぜかリティが隣にいないと眠れません。
リティの暖かさが心を落ち着けてくれて静かに眠りに入れます。

時々はリティと蘭に挟まれて寝ます。
私にとっては『両手に犬』が贅沢な睡眠です。


☆前に書いたAll AboutのワンコのメルマガのURLが間違ってました。
コチラです。





2月26日(木)  writers on theTV


yoshimi'sのBooksのコーナーを更新していて、ぱぱに言われたこと、「☆の数がみんな同じだね。」
☆の数で評価をするところがあるのですが、私は☆を四つか五つ(最高点)つけてしまいます。
作家を尊敬しているので、読んだだけで☆みっつ!
本を出したというだけで、それだけですごいことです。
☆ひとつ、ふたつなんて失礼でつけられません。


最近続けて、その『尊敬する作家』をテレビで見ちゃいました。

まず、最初は今私が最も好きな作家『江國香織』さん。
NHKのトップランナーという番組に出ていました。
司会の本上まなみ、武田真治と一緒に直木賞作品「号泣する準備はできていた」の一節の朗読がありました。
俳優の二人より、江國さんの朗読が良かったです。聴けてうれしかった。

相変わらず色白でふんわり髪の江國さんが「自分の作品にはメッセージ性はなく、五感を使って読んで欲しい」
「何もないところから本ができそれが図書館や家にあり本を開かれることによって世界ができる。」
と言われた時には深くうなずいてしまいました。


日曜の昼間は『瀬戸内寂聴』さんと、同じく僧侶で作家の『玄侑宗久』さんと哲学者の『梅原猛』さんとの対談がありました。
生と死についてがテーマで、仏教、お釈迦様、禅についても多く語られました。
それぞれの本で大体はわかっている話でしたが、直接テレビで聴くとよりわかりやすく感じました。
『死』についてもっと若いときから知るべきではないか、結論の出ないことだけれど、生きるうえで一番大切なことではないかと思いました。


夜中に、BSで週刊ブックレビューを見ました。
ゲストは芥川賞作家の『金原ひとみ』さん。
若くて可愛らしい人です。
賞をもらったことでどれだけプレッシャーになっているだろうと思っていましたが、本人は淡々としているようでした。
「書くことが楽しい」「毎日書くことが生活の一部」
と言う彼女にやっぱり才能のある人は違う、と頼もしく思いました。

才能のある作家がいっぱい出てきたら私の老後もますます楽しいものになることでしょう。



2月22日(日)  All about


ここで紹介しようとしていて、遅くなってしまったんですけど・・・
『All About』というサイトを知ってますか。
項目別にその道のプロのガイドがいろいろなサイトを紹介しているビッグサイトですが、ペットの犬のコーナーにリティ蘭の写真を載せて頂きました。

良かったら見てね。コチラ

シュナのアッシュ君、ハービー君を飼っているガイドのみさとさんのメールマガジンもお薦めです。
毎週水曜発行、無料です。
購読はコチラからどうぞ。




2月20日(金)  new neighbor


このあたりには近所の人が世話をしている『野良猫』が何匹かいて、ウチの庭を通るたびにリティ蘭がワンワン鳴きます。

最近、首輪をした白いネコが新登場!
この子が通るようになってから、リティの警備隊活動はますます活発になり、いつ来るのかと、いつも窓際にいます。

通ったら2匹で大騒ぎ。
行ってしまっても吠えていて、それがいつのまにか遠吠えになってしまいます。

庭にも出たがり、どこかにいるんじゃないかとあちこち見て回っています。


そのせいか、リティもすこし若返ったみたい。
年をとったら「好奇心」「興味を持つこと」が大事ですな。
リティが教えてくれました(=^_^=)





2月19日(木)  yoga exercise


ヨガのクラスに行ってきました。
隔週だし、私は体が硬いのでなかなか上達しませんが、体にすごくいいんじゃないかなって思います。
ゆったりとした腹式呼吸、緊張と弛緩、瞑想・・・。
見た目よりはキツくて汗もでてきます。

今日は『バッタのポーズ』をしました。
マットにうつぶせになり、両足をエイヤッと上にそらします。

私が一番好きなポーズは『シャバーサナ』です。
全身弛緩のポーズ・・・『屍(しかばね)のポーズ』ともいいます。
ただマットの上にだらりんと寝るだけなんですけどね。
全ての緊張をとって、ただ呼吸をしていると本当に気持ちよくて、ずーっとこのまま寝ていたいと心底思ってしまう。
このポーズを数分間するだけで何時間もの睡眠と同じ効果があるそうです。




2月18日(水)  Wine party


今日は仲間とワインパーティ!!!
チーズやいろいろ美味しいもの(作ってきたのは男性)いっぱいでした。

みんな美味しいし、ワインは飲みやすくて、つい自分がお酒が飲めないことを忘れ、コップに半分ほど飲んでしまいました。

しまった、と思ったときはもう遅く、頭はぼーっ、体はポッでした。

でもこんな気分っていいね。
お酒が飲める人は本当にうらやましい。
お陰ですっかりストレス解消しました(=^_^=)



2月17日(火)  nothing special


日曜日の朝、新聞をゆっくり読むのが好き♪
・・・ということを書こうと思っているうちにもう火曜日。

毎日、あっ、このこと書こっ、と思ってて夜になっていざ書こうと思うと全て忘れてる^_^;
他の人の日記を見るのは大好きでいつもいろんなところの日記を読み歩いているのだけれど、何故みんなちゃんと書けるのだろうか。
それもまとめてど〜んと書く人もいたりして。


なんとなく、思い出したものから書きます。


☆今こちらでは「王様のレストラン」というドラマの再放送をしてるのだけれど、このドラマは最初観たときからすごく印象深かったです。
出演者も今から考えるとすごく豪華。
ゆっくり観られない時間帯なので、ちらちらっと観て雰囲気だけ楽しんでいます。


☆芥川賞の若い二人の本が話題になっててうれしい。
本を読んだ感想や観た映画について話したりすることが楽しいので、本を読む人が増えて欲しいです。
本屋さんに行ったら「文芸春秋」が山積みになっていました。
受賞作が2作とも載ってておまけに選考委員の意見まで載ってて780円は安いでしょう・・・って思うけど、「蹴りたい背中」はもう読んじゃってるし。。。。
で、「蛇にピアス」の立ち読みし始め、ぐんぐん読み進んだけど・・・せっかくなのでゆっくり読みたい。
買うかぁぁぁ。


☆今朝、リティ蘭と、投げたおもちゃを持ってきたらおやつをあげる遊びをしていたのだけど、ナント、リティより蘭の方がすっごく上手にできていました。
いつも取ってくる途中で忘れて遊びはじめたりしていた蘭が「いい仕事」してました。
蘭も成長しました。感涙!




2月14日(土)  Ramen


美味しいラーメン活動報告〜。
今回はウチの近く、ラーメン「いっこく」

写真は昨年11月のラーメン祭で評判になった「春日井ラーメン」です。
これはぱぱが食べたものですが、スープを少し飲んでみたら鰹味の和風でした。
名古屋コーチンのチャーシュー、ツミレ入り。(800円・・2月中は100円OFF)

私はとろとろチャーシュー麺(650円)を食べました。
名前の通りチャーシューがとろとろで美味しかったです。
スープは醤油。チャーシュー、ネギ、ノリ、モヤシがトッピングでした。
(メンマがないと歯ごたえがなくてなんか寂しい・・)
コクがあり、美味しいのですが、すっきりスープが私は好きなのでちょっと濁り加減の所がマイナスポイントでした。

正統派醤油ラーメン いっこく
春日井市神明調25−2 筍娃毅僑検檻械魁檻娃械苅





2月12日(木)  Hang in there!


私の机(仕事用パソコンの隣)に書類が山積みになっていて、それにせき立てられているように感じるこの頃。
画面でチェックをしていくので、どんどん視力が悪くなっていくのがわかります。
ホント、目がいいのが自慢だったのに、こんな年になって近視になっていくなんて、トホホ。。。。

今日もお天気が良くて、日一日と暖かくなり、夕方暗くなるのもどんどん遅くなっていきます。
春になったら、大掃除をして、模様替え・・・いや思いきって改築なんてしたいなぁ。
いらないものもどんどん処分して、さっぱりシンプルな生活がしたい。
写真もいっぱい撮りたいし、知らない所にもどんどん行きたい。

春はもうすぐ。
頑張るわ〜。



2月11日(水)  fast food-eater


朝イチでぱぱとジムに行き、シャワーも浴びてお昼には『ケンタッキーフライドチキン』を食べに行きました。
今、長谷川理恵がCMに出てる、スープとくるみパンとチキンのセット、食べたかったのよね〜。
久しぶりに食べるケンタのチキンは美味しかったし、クリームスープはぱぱが牛乳嫌いでウチでは作れないので、これも美味しかったです。 いろんな豆が入ってたよ。

ファーストフードっていうけれど、なかなかイケるものが多いと思います。
モスバーガーなんて、最高!!!
ウチのすぐ前にマックがあるけど、絶対遠くのモスに買いに行っちゃう!

そういえば、狂牛病の影響で吉野家の牛丼が食べられなくなるんだってね。
昨日、近くの吉野家の前を通ったらすごい行列でした。
私は吉野家には行ったことがない「吉野家バージン」だけどどんな味なんだろう。
一人でふらりと入って、紅しょうがをいっぱい乗せて、食べてみたいなぁ。
今日通ったら、もう販売停止になったのかとても空いていました。



2月7日(土)  Thank you and Good bye


ぱぱと私の恩師が先月亡くなり、追悼ミサに行ってきました。
学生の時は本当にお世話になり、結婚式にも出席して頂きました。
何の恩返しもせず、お別れすることになってしまって残念です。

キリスト教でのこういった式は初めてなので、とまどってしまいました。
慣れている仏式とは全然違っていて、パイプオルガンが流れ、賛美歌を唄い、神に呼びかける形で行われました。
ミサが終わる前には洗礼を受けた出席者は小さなパンを神父さんからもらっていました。
それを「興味深々」でうらやましそうに後ろの方から覗き込んでた私。
先生がもし教会にいたなら、「あ〜相変わらずだな〜」とあきれていたかも。

先生から受けた恩は、今度は自分たちが若い人たちに対して返していこうとしみじみ思いました。




2月5日(木)  strange feeling


ヒートだった蘭はこのところ様子が変です。
近くに来て、じっと私を見つめ、私の手をカリカリひっかきます。
ぎゅっと抱いて頭や背中をなでると静かにしています。
止めるとまた手をカリカリ。しつこいです。

今、排卵する時期なのかな〜。
マウントみたいなこともしないし、ただ体の中が急に変になっちゃってどうしたらいいのかとまどっているように見えます。
一日に1、2度そういうことがあるだけであとはのんびりしてますが、ちょっと可哀相になってきます。


写真はリティ蘭のリポンです。
買ったのやトリマーさんにつけてもらったもの。
知らない間にこんなにいっぱいになりました。




2月3日(火)  Out with the demon and in with fortune!


今年の節分も2匹に鬼になってもらいました。
ドリフターズの雷みたいに赤いモシャモシャ毛から角が出ている帽子とヒョウ柄パンツのワンコ用のが売ってたけれど、残念ながら合うサイズがありませんでした。

今年は、まっ、こんな感じで・・・。

りっちゃん、蘭ちゃん、今年も我が家の福の神でいてね。





2月2日(月)  February


誰でも一年の中で嫌いな月や好きな月ってあるのでしょうか。

私はダントツで2月が嫌いで、2月が近づいてくると胸騒ぎがしてきます。
仕事も一番忙しい時期だし、寒いし、つらいことはいつも2月に起こります。

ああ、また2月が来てしまいました。
それに、今年はうるう年で例年より一日多いのですね。

ここを乗り切れば春が来る。
・・・って何を乗り切ればいいのかわからないけれど・・・
暖かくなっていっせいに花が咲き始めるのももうすぐ。


私の2月嫌いを払拭してくれるいいことが起こりますように。
そこまでいかなくても、何事もなくこの月をやり過ごせますように・・・。


写真は、そんな2月の私をいつもなぐさめてくれる、「日なたでうたたねするリティと蘭」です。
左は蘭のしっぽ、右はリティです。



 OR AND

[TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 1.10